山王物件① 周辺環境の下見

5月7日。妻の出産予定まで、あと200日。

山王物件の内覧の日はまだ先でしたが、本命物件だったので住環境の視察のため、内覧前に物件の周辺を歩いてみることにしました。

大森駅前JR京浜東北線、大森駅。初めて降りましたが、結構大きな駅です。駅前にはカラオケや飲食街、スーパ、スナック街もあります。駅前の利便性は相当高いです。ここなら新宿とそう変わらない環境で暮らせそうです。不動産仲介会社から教えて貰った住所を頼りに歩いてみることにしました。

山王は久が原以上に豪華な邸宅が並んでいました。大田区というと蒲田のイメージがあり、庶民的な印象を持っていましたが、ひょっとすると高級な住宅街が多いのでしょうか?山王の特徴は「坂道」が多いこと。物件まで駅から徒歩10分とは聞いていましたが、平坦な道のりではない、急な坂のアップダウンが続きます。毎日の通勤となると少しつらいかもしれません。坂道の多い山王

上り坂を上がりきった所で物件に到着。緑色の壁が目立つ物件です。三軒建物が並んでいて、どれも同じ色なので三軒並びの建売物件のようです。表札を見ると真ん中の家が「売り物件」であることがわかりました。隣の家は空き家になっているようです。山王の物件は高級な建物が多いのですが、この一体はそうでも無さそうという印象。目の前の駐車場は若干荒れ気味です。

とはいえ、高級住宅を買おうとしているわけではありませんから、そういうのは余り気になりません。逆に気になったのが「家の周りに何もないこと」。住宅街のど真ん中で、コンビニは勿論、自販機すら見当たりません。ちょっと喉が渇いたとなったら、あの坂道を越えてジュース一本を買いに行かなければならないのか。

閑静な住宅街というのはそういうものなのなかもしれませんが。ちょっと不便そうだなと感じました。周辺環境を評価すると駅前の利便性は魅力的、物件の周辺は不便、駅までの歩行は大変。という感じ。ただ、駅前が賑わっている点、JR京浜東北線であり将来性も十分有るということを考えると、総合点としては「合格」。

物件の内覧を楽しみに、その場を離れました。


大元 隆志

大元 隆志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です