山王物件① 本命物件の内覧

5月10日。妻の出産予定日まであと197日。

今日はいよいよ本命物件の大田区 山王の内覧日です。妻を連れてJR京浜東北線の大森駅で財閥系不動産仲介業者を待ちました。物件の場所は分かっていたので歩いても良かったのですが、何しろ坂道が続くため妊娠中の妻にはきついてと思い、車を手配してもらいました。

車だと、目的地まであっという間に着いてしまいますね。徒歩での辛さが車だとまったくわかりません。下見の際には必ず駅から歩いてみることをお勧めします。

玄関につき、チャイムを鳴らすと売主のご夫妻が出迎えてくれました。久が原の物件より二年ほど築が古いのですが、見た目は綺麗です。第一印象はとても良かったです。中を拝見させて貰うと、今まで人が住んでいただけあって、今すぐ引っ越してきて暮らすことも出来そうな感じ。「これは良いね。」と妻に話しかけると、妻も満足している様子。一階から三階まで一通り見て廻りましたが、特に問題なし。

雨漏りをしていたことがあったようですが、既に修復済み。元々二世帯で暮らしていたとのことで、収納スペースも十分です。念のため中古住宅のセオリーである「売却理由」を聞いてみると、息子夫婦に子供が生まれたので、息子夫婦の住む横浜に引っ越したいとのこと。近隣住民のトラブルや、住宅環境のトラブルではないようで安心しました。

ここは、真面目に検討したい。住宅を探し始めて約一ヶ月。こんなに早く理想の物件に出会えるとは。そんな気持ちもあり、是非とも検討したいので、売主さんに名刺を差し出しました。売主さんが手に何かを握っていたので、名刺入れだろうかと思い、失礼がないように私から名刺を差し出したのでした。しかし、ご主人が握っていたのは名刺入れではなく、電卓でした・・・。私から一方的に名刺を渡すことになりましたが、「律儀な人間」という印象は与えられたかもしれません。

売主さん、仲介業者それぞれに「ぜひ、検討したい」と言い残して、その場をあとにしました。

帰りに大森駅周辺を妻と散策しましたが、オオゼキや西友、無印良品が有り買い物施設が充実しており、妻も満足そう。利便性は申し分がありませんでした。

「山王市民になるかー」などと二人で夢を膨らませながら、ほぼここで決定という気持ちで、再度「久が原」に向かいました。


大元 隆志

大元 隆志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です