久が原物件① Suumoで掲載終了した物件はもう買えない?

5月18日 妻の出産予定日まで、あと189日。

Suumoの「マイページ」に登録してあった「久が原」の物件に「掲載終了」の文字が!もしかして売れてしまったのでしょうか?山王物件の「補欠」程度にしか思っていなかった物件だったのですが、「売れてしまったかも!?」という自体になると、急に魅力的に感じてしまうものなんですね。

担当の不動産仲介業者に聞いてみることにしました。ただ、「売り切れたんですか!?」なんて聞いたら「こっちが買いたがっている」と悟られてしまいます。値引き交渉で足元を見られるかもしれないので、あくまでさり気無く尋ねてみることにしました。

「山王物件について状況をお伝えする約束になっていたのでご連絡します。仮審査の申し込みをしました。」一旦は、山王の件の状況を伝えるという建前でメールを送信。相手からのメールの返信を待ちました。

「ご連絡有難うございます。仮審査の結果が分かればまた教えて下さい。久が原の物件ですが、担当者に詳しく話を聞いた所、任意売却物件なので、価格は債権者(銀行)の判断なるとの事です。200万円位は可能かも知れませんが、300~400万円位迄になってくると、どういう判断になるか分からないとの事ですが、多分、難しいのではと言ってました。本当に購入の意思があるのであれば、購入希望金額を指値で書面に書いて貰えば、交渉致します。」

交渉するということは、まだ売れていないのでしょうか?

「確認有難うございます。Suumoを見ると、掲載終了となっているようですが、まだ売れてないんですね。」チャットのようなメールが続く。ただ、不動産購入の場合は初めて聞く単語なども多いため、後から振り返ることが出来るように口頭より、メール等で記録に残るやりとりをした方が良いと思います。

「まだ売れてませんね。Suumo等に掲載するためにはお金も掛かるので、反応が無くなったりしたり掲載を終了させることがあります。多分そのせいでしょう。」

そういうことか。まだ売れてないと聞いて一安心。山王の物件は値引き交渉を伝えたので、こちらの物件についても交渉を依頼することにしました。しかし、任意売却物件のせいか、それほど簡単ではないようです。


大元 隆志

大元 隆志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です