山王物件① 値引き交渉決裂

5月22日 妻の出産予定日まで、あと185日。

山王物件の不動産仲介業者から連絡がきました。

「先日頂きました事前審査書類の回答が出てきましたので、添付させて頂きます。

結果的には特に問題なく承認がとれております。(道路の件は、問題ありません。)
私の認識不足でしたが、りそな銀行の優遇がマイナス1.75%取れております。

先日、他のお客様のご案内時に金額の件をご主人様にお話しましたが、3500万円は売却できませんのでお断り下さいとの反応でした。ご主人様の考えられている金額とあまりに差があり過ぎたのか金額の交渉(いくらに上がらないのか?)という質問もなく
終わってしまいました。

私が状況を整理しても、山王戸建は3800万円が価格交渉のMAXだと思います。(売主の承諾がとれているわけでは御座いません。)価格を上げてご検討頂けるのでしたら打ち合わせをさせて頂きたいと思います。

よろしくお願い致します。」

山王物件の値引き交渉は決裂。しかし、3800万円なら見込みはあるとのこと。それと、あっさり銀行の仮審査も通過することが出来ました。なんだ、ただの不動産仲介業者同士の足の引っ張りあいだったのか・・・ただ、3800万円とはいえこちらは不動産仲介手数料が満額の仲介業者です。諸経費を含めると約4150万円程になります。久が原の物件は家の傷みが激しいこともありリフォーム代を見込んで3080万円で交渉しようとしていたこともあったので、取得費用に随分開きが出ることになります。

山王はいざとなれば、3800万円で交渉を再開することが出来ます。一旦保留にし、久が原物件の値引き交渉を進めることにしました。


大元 隆志

大元 隆志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です